東京日記

痛々しさをつめこむ

アメリ

今、出会えてよかったと思う作品とまた出会えた。  


アメリは突然、世界と調和が取れた気がした


なんてしっくりくる表現なんだろう。 はじめて人に建前が混ざっていない心を開けたと思ったとき、「世界ってこんなに美しかったんだ」「もう何があってもわたしは大丈夫」という気分になった時のことを思い出した。それ以降、キャンパスの新緑や駅までの道のアスファルト、雨の日の夜のバスの窓の色、そんなほんの些細な何かが世界の縁にひっかかって、そこから自分も含めた世界の全てを肯定できるような感覚が1分くらい訪れることがたまにある。まさに「世界と調和がとれている」幸福な時間なのだ。 


アメリの自由だ 夢の世界に閉じこもり 内気なまま暮らすのも彼女の権利だ 人間には 人生に失敗する権利がある


少女から大人へと変わる時期、現実と対峙しなければならないときが誰にも来る。夢の世界はあなたを守ってくれる。でも守られているだけではもったいないっていう自分の声が聞こえることだって、たまにあるよね?


君の骨はガラスじゃない 人生という壁にぶつかっても大丈夫だ さあ、行きなさい


囚われからわたしを解放しようとするとき、この言葉を思い出そう。



解釈の問題、と彼は言った

主観を大事にしよう。それぞれの目から見えている景色に解説文をつけるのは、それを抱きしめて慈しんでからでも遅くない。

すべての感情や感覚は、どんな形であれそれが彼や彼女の本質に触れている限り、他人が安易に扱うことのできるものではないことを忘れてはならない。


景色が変わっても

いろいろなことがよくわからない。何をどれだけ食べるといいのか、いつ寝ていつ起きればいいのか。どんな体型でどんな服を着てどんな髪型をしていたらいいのか。職業選択のためには今何をすべきなのか。何が甘えで何が仕方ないのか。

わからないいろいろなものは、正解を求めているからわからないのだろう。やりたいことリスト100をつくっても、「自己中なことしか書いてないから実現しなくていい」とかってやるきをなくす。

どこか遠い場所へ移動したって、思い描いている「完璧な私」が実現したって、満足しないしもやもやは尽きない。考え方を変えるしかない。今は動き続けるしかない。

世界を肯定できる瞬間

1日に1分間の幸せなときもなくなり、焦燥感と劣等感と自己嫌悪につつまれる。

私には何もできない

論理の世界が掬うことのできないなにかと、幼児的全能感的ななにか

言葉にでききないものは、存在しないのと同じなのだろうか。

日々生きている中で感じるものって、水を入れすぎたパレットの絵の具みたいに捉えどころなく頭の中に広がっていて、言葉にしようとしても掴みきれない。

ただ、人と共有ためには言葉にしないと仕方がない。


言葉からこぼれ落ちたり、言葉にしようとしてもできなかったり、言葉にしたくなかったりして他の誰とも共有できないものは、永遠に私の外に出ることはない。

そうしたら、その言葉にならなかったものたちって、いったい何なのだろう?私の主観の中にしか存在しないものって、存在するって言えるのか?


『コミュニケーションのためには言語化しないといけない』『「やばい」じゃ伝わらない、何がどうやばいのか説明しよう』

他人やに伝えたり他人から受け取ったりする分にはその通りだけれど、感覚は言語化した瞬間に全く違うものになるという側面もあるから、客観的世界に存在しようがしまいが、ふわふわした感覚のまま自分の中にとどめておくっていうのも大切なんじゃないかな。



…このように私が感覚を論理と対比させたい理由は、「思考したぞ!!」と思って文章にしようとしたら全く論理的にならなかったり、「やばいこの映画にちょー感銘受けたわ」って感想書こうとしたら5行で終わったり、っていうのに対する悔しさにある。文章が書けないという事実から自然に導かれる「自分はあまり深く考えられない」ということ認めたくないから、「私は論理より感覚に優れているんだ!論理で表現できない尊いものが私の頭の中にあるんだ!」って主張してるってこと。欲望に遡るという苫野さんの『はじめての哲学的思考』のやり方に従って(いるような気になって)みると、私の論理・感覚の対比の本質は「自分を特別な存在だと思うこと」「幼児的全能感を引きずっちゃってる青年」とかを掘り下げたところにある気がする。それってこれまでの人生で培ってきた変なプライドとかで説明つくのかなあ。(やっぱりプライドとかで片付けちゃうのはプライドが許さない…ってなって無限ループしそう笑)


…まあ、そんなひねくれたこと言わずに論理的に考えたり書いたりできるようになるための訓練を地道にやっていこうじゃありませんか。


はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書)

はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 苫野一徳
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/04/05

好きなものは感染する

最近久しぶりに好きだった人と遊ぶ機会があって、やっぱり好きだなあとなって切なくなった。ただその「好き」は必ずしも恋愛の「好き」じゃなくてもいいな、とも思えた。その人には1年付き合っている恋人がいて、私はその子のことも知っていて、お互い大切な存在なんだろうなあというのがそれぞれと話しているときにちらっと見える。好きな人と恋人との間には関係性の積み重ねがあって、そこには私の入る余地なんてない。


好きなものを共有して幸せを感じたり、何気ない優しさに心がじんわりしたり、目を合わせて笑うだけですごく楽しかったり、そういう気持ちはやっぱり否定できない。それだけだと親友に対する好きと変わらないな、とも思うけれど、隣に座ってると心地が良いし、なんとなくいい匂いがする気がするし、手を見てると触れたくなる。割り切らないといけないし割り切ったと思ったのに、やっぱり惹かれてしまう。でもその魅力の一部はあの子のおかげなんだよね。


大切な友達としてこれからも関わっていけたらいいな。

あたまよくなりたい

今の自分にとってちょっと重要なテーマについて考えてたらわけわかんなくなった。ほんとあたまわるい。

筋道立てて考えるのは苦手で、それを言葉にするのはもっと苦しくて、自分なりに考えて新しい世界の見方を発見したみたいな感動を覚えることがあっても、それを外に出した瞬間に相手にとっては何の価値もないかすでに生きる前提になってるってことがわかるの、なんとも言えない気持ち。

価値のツウヤクフカノウセイかな。タヨウセイ大事にしていきたいね。