東京日記

痛々しさをつめこむ

Rent さいこー!

20周年世界ツアーで東京に来ているブロードウェイのRentを思い立って見に行ったら最高だった。当日券の見切れ席でなんと前から6列目、役者さんの表情がはっきり見える位置で迫力満点のパフォーマンスに圧倒された。字幕が思うように追えなくてストーリーは理解しきれなかったけれど、それでもあまりあるほど伝わってくる愛と生を讃えるメッセージに感動。愛すべきキャラクターたちに生きる勇気をもらえた。


どの曲も素敵だけど、特に好きなのは

La vie Bohème

秩序にとらわれないアウトサイダー的生き方を象徴する芸術賛美の歌!リズムが最高、内容も痛快。込められた細かいメッセージがわからなくてアメリカ人でないのが悔しい笑。


Take Me or Leave Me

これはGleeのCDで聴いたときから好きだった曲。MaureenとJoannを知った上で聴くともっと大好きになった。舞台見てるときは結婚式っていうシチュエーションが全然わからなかった笑。


FinaleB

Mimiが最初にOut Tonightで歌ってから繰り返されてきた印象的なNo Day but Todayのフレーズと、AIDSライフサポートでの"Will I wake tomorrow from this nightmare?"、死に向き合ったWithout youが重なり合って最後に前向きな(のかな違う気がする…)No Day but Todayに収束するの、最高すぎませんか?そのあとAngelが舞台袖から出てきたらそりゃあ泣きますよね。


他にも、One song gloryはRojerの哀しみと力強さあふれる歌い方が、Out TonightはMimiのダンスと吠えるような生命力あふれる歌が、最後の方のRojerとMarkの曲は"We're living in America at the end of the millennium"が最高だし、まあほかもすべて良すぎるわけですよ!


映画のオリジナルキャストたちも本当に素敵だったけれど、Angelだけは今回の舞台のDavid Merinoのイメージで固定されてしまった。ほんとーーーーーーーに可愛いかった。カーテンコールの後の舞台袖への去り方まで可愛くて可愛くてしょうがない。もう2度とあのAngelに会えないと思うと寂しい(T ^ T)彼なんとまだ大学生らしい。これからの活躍に期待だ…!


もっと語りたい笑。素晴らしい出会い。

ボヘミアンカルチャーとかニューヨークの芸術とかについて調べてみたいなあー。