読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

思ったことや読んだ本の記録。

『lalaland ラ・ラ・ランド』感想 夢見ることは素敵

期待のミュージカル映画ということで、早速『lalaland』観てきました!


女優を目指すミアと、オリジナルに近いジャズの復活を目指すセブの、どこかで見たことがある感じのラブストーリーで、ところどころにダンスや主演2人の歌が入るけれどミュージカル映画感は薄かったかな。


『セッション』は見たことがないので監督のことも全然知らないし、ラブストーリーも実体験がなくてあまりわからない私がこの映画から受け取ったメッセージは、「やっぱり芸術いいよね!?常識的な価値観に逆らう人、素敵」でした。




<以下ネタバレあり>




ヒロインのミアが元彼を捨ててセブの元へ行った時、その内面の変化がほとんど描かれていないので、かなり唐突に思えました。恋愛未経験女としては理由を見つけないと納得がいかなくて、結局ミアがセブを選ぶ理由が「やっぱビジネスよりアートだわ」にしか思えなかったんですね。


ミアの元彼の兄が中国語を話すバリバリのビジネスパーソンで、ディナーの席での彼らの会話も(細かくは覚えていませんが)テンプレ的な「アートを軽視する経済人」のそれに聞こえました。芸術の道を目指すミアにとっては居心地の悪い席だったことでしょう。そこに流れるセブが弾いていたピアノの曲。これはセブの待つ映画館に行くしかないですよね。


時は流れ、ミアが女優として大成功し家庭を持った後にセブと再会するときにも、「やっぱビジネスよりアートだよね!?ほらね??」という監督の声が聴こえました。あのピアノ曲を聴くミアの、実現することのなかったカラフルな幻想。切ないですね。成功を収め、幸せな生活を送っているけれど、共に夢を追いかけた過去のキラキラした想い出には叶わない。


…はい、まとまらないしなんか違う気がしてきました。まぁとりあえず夢を追いかけよーぜってことですよね笑。


個人的には、圧倒的歌唱力と涙を誘うストーリーのミュージカルが好きなのであまり好みではありませんでした。ミュージカル映画を初めて見て「こんなもんか〜やっぱ唐突に歌ったり踊ったりするのあんま好きじゃないな」と思った人もいるかもしれませんが、ぜひともこれでミュージカル映画を嫌いにならないでほしいですね。機会があったら他にも試してみよーぜ!と言いたい。