読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

思ったことや読んだ本の記録。

私はフェミニスト

私はフェミニストである…と言いたいところだが、フェミニズムがいまいちわかっていないし、それを表現することによって被るであろうめんどくささに尻込みしてしまう。

でも男女同権主義的主張が好きじゃないと女の私に言う男がいたら、こっちも私はフェミニストだって堂々と言えばいいよね。

まあでも「〇〇の主張(をする人)が苦手」「〇〇に反対」の関係って、別にどちらかが逆でも矛盾しないから相互関係はないのか。「〇〇の主張(をする人の主張の仕方の傾向が)苦手」とか「〇〇の主張(をする人に多い性格が)苦手」であれば、「〇〇に賛成」と両立するし。けどどちらにしても前者の主張にはある程度偏見は入っていそうだし、全体として〇〇にネガティヴなイメージを持っている可能性は高いね。
そういう無意識の判断によって私は「男女同権主義的主張は嫌い」という彼の意見に「男女同権に反対なのかな…?それを女の私に言うってなんかちょっとやめてほしくない…?」というなんとも言えない気持ちになっにのだなあ。実際どうなんだろ、聞いてみればよかった笑。

そしてそんなことを思いながらも何も言わずに「へーそうなんだ」とおとなしく聞いておく私の態度も、「女は人の意見に反対などしないで従っておくほうが品がある」というフェミニズムが無効化しようとしている類の価値観を反映しているものかもしれないというところがまたなんとも言えない。