東京日記

痛々しさをつめこむ

論理の世界が掬うことのできないなにかと、幼児的全能感的ななにか

言葉にでききないものは、存在しないのと同じなのだろうか。

日々生きている中で感じるものって、水を入れすぎたパレットの絵の具みたいに捉えどころなく頭の中に広がっていて、言葉にしようとしても掴みきれない。

ただ、人と共有ためには言葉にしないと仕方がない。


言葉からこぼれ落ちたり、言葉にしようとしてもできなかったり、言葉にしたくなかったりして他の誰とも共有できないものは、永遠に私の外に出ることはない。

そうしたら、その言葉にならなかったものたちって、いったい何なのだろう?私の主観の中にしか存在しないものって、存在するって言えるのか?


『コミュニケーションのためには言語化しないといけない』『「やばい」じゃ伝わらない、何がどうやばいのか説明しよう』

他人やに伝えたり他人から受け取ったりする分にはその通りだけれど、感覚は言語化した瞬間に全く違うものになるという側面もあるから、客観的世界に存在しようがしまいが、ふわふわした感覚のまま自分の中にとどめておくっていうのも大切なんじゃないかな。



…このように私が感覚を論理と対比させたい理由は、「思考したぞ!!」と思って文章にしようとしたら全く論理的にならなかったり、「やばいこの映画にちょー感銘受けたわ」って感想書こうとしたら5行で終わったり、っていうのに対する悔しさにある。文章が書けないという事実から自然に導かれる「自分はあまり深く考えられない」ということ認めたくないから、「私は論理より感覚に優れているんだ!論理で表現できない尊いものが私の頭の中にあるんだ!」って主張してるってこと。欲望に遡るという苫野さんの『はじめての哲学的思考』のやり方に従って(いるような気になって)みると、私の論理・感覚の対比の本質は「自分を特別な存在だと思うこと」「幼児的全能感を引きずっちゃってる青年」とかを掘り下げたところにある気がする。それってこれまでの人生で培ってきた変なプライドとかで説明つくのかなあ。(やっぱりプライドとかで片付けちゃうのはプライドが許さない…ってなって無限ループしそう笑)


…まあ、そんなひねくれたこと言わずに論理的に考えたり書いたりできるようになるための訓練を地道にやっていこうじゃありませんか。


はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書)

はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書)

  • 作者: 苫野一徳
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/04/05