東京日記

痛々しさをつめこむ+現実的になるためのメモ

【映画】ぼくたちのチーム (原題:Handsome Devil)

アンドリュー・スコットのことをネットで調べてて見つけて、観た。なかなかよい。アンドリュー先生も、主人公2人も、よい。この映画のテーマの友情(とかセクシュアリティ)については書けないから置いておく。 アイルランドの映画なのだけど、芸術vsスポ根っていうアメリカの学園ドラマでよく見る構図が展開されていて、その点は既視感たっぷり。でも、私が見たことがあるのはgleeとハイスクールミュージカルというコメディタッチが強いものだったので、ちょっと毛色の違う「ぼくたちのチーム」でも同じように文化系vsスポーツ系の構図が描かれているのを見てちょっと意外だった。 

その対立で描かれる「イメージに合わないことはしてはならない」っていう同調圧力あるいは「男らしさ」からの解放と、それとともにアイデンティティを確立していく、みたいなテーマは、日本の学園系映画とかドラマではまだ出会ったことがない。私が知っている日本の学校だとそこまで部活によるスクールカーストが露骨でないから、なかなか現実味を持って想像しづらいのだけど、フィクションゆえの誇張はあるにしても、その文化の人たちにとっては身近な問題なのだろう。日本の学校の息苦しさとはちょっと違うだろうけれど、それはそれでしんどそうだな、と思う。実際の高校ってどんな感じなのかな。  

話は変わるけど、これからの子どものために、「陰キャラ」「ネガティブ」はよくないと短絡的に決めてしまう風潮が減ってほしいので、それ系のメッセージが込められたドラマが日本でヒットしてほしいな。「ネガティブな人には近づくな」言説とかあるけど、もうちょいましな言い方あるだろうに。