読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

思ったことや読んだ本の記録。

うん、まあ。

周りの人たちが自分が見ているのとは全く違う世界をある程度共有しているのではないかと思うことがよくあって、そのたびにそんな自分が嫌いだなあと思ってしまう。笑いを交えつつスムーズに会話する方法とか、気づかいを自然にするやり方とか、新しい集団に溶け込んでいくために必要なこととか、みんないったいいつどこで覚えたの…?

自分だけみんなとずれたところを大切にしている。自分だけみんなの会話についていけない。自分だけ…。

そして、自分よりもみんなとのズレの度合いが高い人を見つけると憐れみ、蔑み、嫌悪し、安心する。みんなに溶け込めないことって、そんなにいけないことなの?みんなのルールがいまいちわからないことって、そんなに愚かなことなの?